下北沢トリウッド  〒155-0032  東京都世田谷区代沢5-32-5-2F  TEL 03-3414-0433(電話受付:営業時間内 ※火曜日定休) 

 


2020年 4月6日より
ヨーロッパ企画オリジナル映画『ドロステのはてで僕ら』公開記念!
劇団の舞台を映画化した人気作と代表・上田誠脚本作品を特集上映!
『 サマータイムマシン・ブルース 』
『 夜は短し歩けよ乙女 』
『 ペンギン・ハイウェイ 』
『サマータイムマシン・ブルース』
(2005/107分)

出演 : 瑛太、上野樹里、与座嘉秋、川岡大次郎、ムロツヨシ、
      永野宗典、本多力、真木よう子、升毅、佐々木蔵之介

監督 : 本広克行 

脚本・原作 : 上田誠

撮影 : 川越一成  美術 : 相馬直樹 
照明 : 加藤弘行  編集 : 田口拓也

(C) 2005 ROBOT,博報堂DYミュージック&ピクチャーズ,
   博報堂DYメディアパートナーズ,IMAGICA

『夜は短し歩けよ乙女』
(2017/93分)

出演 : 星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次、中井和哉

監督 : 湯浅政明 
原作 : 森見登美彦
 
脚本 : 上田誠

キャラクター原案 : 中村佑介 キャラクターデザイン・総作画監督 : 伊東伸高 
主題歌 : ASIAN KUNG-FU GENERATION

制作 : サイエンス SARU  配給 : 東宝映像事業部


(C) 森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

   

『ペンギン・ハイウェイ』
(2018/118分)

出演 : 北香那、蒼井優、釘宮理恵、潘めぐみ、
     福井美樹、能登麻美子、久野美咲、
     西島秀俊、竹中直人

監督 : 石田祐康 
原作 : 森見登美彦 

脚本 : 上田誠

キャラクターデザイン・演出:新井陽次郎 音楽:阿部海太郎

制作:スタジオコロリド 配給:東宝映像事業部

(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

   


人気劇団のヨーロッパ企画が自分たちの手で初めて作るオリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』。4/25(土)からの公開を前に、彼らの舞台を映画化した人気作『サマータイムマシン・ブルース』と、劇団代表の上田誠が脚本を担当した人気アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』『ペンギン・ハイウェイ』を同時期に上映します!
劇団代表の上田誠が脚本を担当し、本広克行監督が自ら初プロデュースも手がけ、瑛太や上野樹里の他、劇団メンバーも出演した『サマータイムマシン・ブルース』。森見登美彦のベストセラー小説を湯浅政明監督がアニメーション映画化した2017年公開の人気作『夜は短し歩けよ乙女』。同じく森見登美彦の原作を石田祐康が監督した2018年の『ペンギン・ハイウェイ』。
3作品を合わせて観て、ヨーロッパ企画と上田誠の世界にどっぷりと浸りましょう!


2020年4月4日(土)~4月24日(金)
※火曜定休

4/4(土)、5(日)  休映致します。

4/6(月)~10(金) 
時間を変更いたしました。
 平日 16:20 『サマータイムマシン・ブルース』 / 18:30 『夜は短し歩けよ乙女』

4/11(土)~17(金)
 土日 13:20 『ペンギン・ハイウェイ』 / 17:40 『サマータイムマシン・ブルース』
 平日 17:00 『サマータイムマシン・ブルース』 / 20:00 『ペンギン・ハイウェイ』

4/18(土)~4/24(金)
 土日 15:30 『夜は短し歩けよ乙女』 /  17:20 『ペンギン・ハイウェイ』
 平日 15:40 『ペンギン・ハイウェイ』  / 18:00 『夜は短し歩けよ乙女』

各作品
一般 1,200円 / 学生・シニア 1,000円 / 高校以下 700円

☆上田割!
 同時期上映の上田誠脚本作品と同日鑑賞で一般1,000円

・・・・・・・・・・・・・・・


ヨーロッパ企画オリジナル映画『ドロステのはてで僕ら』公開記念!
代表・上田誠脚本の今年公開の話題作!
『前田建設ファンタジー営業部』
 (2020年/115分)

出演 :
 高杉真宙  上地雄輔   岸井ゆきの
 本多力  町田啓太 六角精児、小木博明(おぎやはぎ)

監督 : 英勉 

脚本 : 上田誠(ヨーロッパ企画) 

原作 : 前田建設工業株式会社『前田建設ファンタジー営業部1
       「マジンガーZ」地下格納庫編』(幻冬舎文庫)
       永井豪『マジンガーZ』 
音楽 : 坂本英城

配給 : バンダイナムコアーツ、東京テアトル


     

人気劇団のヨーロッパ企画が自分たちの手で初めて作るオリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』。4/25(土)からの公開を前にトリウッドでは4/4(土)から『サマータイムマシン・ブルース』『夜は短し歩けよ乙女』『ペンギン・ハイウェイ』を上映しますが、劇団代表の上田誠が脚本を担当し今年公開された話題作『前田建設ファンタジー営業部』も同時期に上映決定です!
主演に高杉真宙を迎え、マジンガーZ格納庫の建設設計に本気で挑んだ熱きサラリーマンたちの実話を元に英勉監督が映画化した本作。同時期に上映する作品との相互割引「上田割」も実施します!
実存する組織の社員が、七転八倒を繰り返しながら取り組んだ実話を元にした感動のエンタテイメントを、この機会にお楽しみ下さい!


2020年4月4日(土)~4月24日(金)
※火曜定休

4/4(土)、5(日)  休映致します。

4/6(月)~10(金) 
時間を変更いたしました。
 14:00

4/11(土)~17(金) 土日15:30  / 平日14:50
4/18(土)~24(金) 土日13:20  / 平日20:00

一般 1,800円 大学・専門 1,500円 シニア 1,200円 高校生以下 1,000円

☆上田割!
同時期上映の上田誠脚本作品と同日鑑賞で、一般・大学・専門料金から200円引!

・・・・・・・・・・・・・・・
(C) 前田建設/Team F (C) ダイナミック企画・東映アニメーション


上映延期
期待の若手アニメーション作家3人を特集!
<なにが出るかな? - ヘンテコ不思議な3模様>
平松悠・しょーた・川上喜朗 短編アニメーション特集


[特集上映に際して]  川上喜朗

平松さんはエレガントさとユーモアを持って日常を愉快に彩る成人女性の目線で、しょーたさんはハイテンションでナンセンスに世界を駆け巡る小学生の目線で、僕は思春期の苛立ちを抱えながら大きな瞳で怯えている少年の目線で、アニメーションを作ってきました。
一見それぞれで作っているものは大きく異なりますが、3人の作品には共通して「かわいいもの」「幼さを感じさせる表現」が含まれています。絵柄には絵本や少年漫画からの影響を彷彿とさせる丸みがあり、可愛くて、おどけていて、そしてユーモアがある。
日常的な悩みにもユーモアがあって、暗い日常にも神秘的な側面があって、それをそれぞれが自分の中の幼さを投影しながら、辛い現実や社会をアニメーションで彩っていこうとする姿勢が共通していると思います。
3人の視点の違いを生かしつつ、子供にも、大人にも共感できるユーモアを持った作品群として楽しんでもらいたいです。

   

「ひ なんて、なくなってしまえ!」
「毎日は踊りたいことだらけ」
「薄明光線」



平松悠 
 (2019年東京藝術大学大学院アニメーション専攻修了)

    

「おひさま」
「そらとぶとけい」
「がんばれ!よんペー君」




しょーた
 (2018年東京造形大学大学院デザイン研究科(専攻・アニメーション)修了)

    

「雲梯」
「螢火の身ごもり」



川上喜朗
 (2020年東京藝術大学大学院アニメーション専攻修了)

    

2002年の『ほしのこえ』(新海誠)や、近年では共に毎日映画コンクールで受賞した『こんぷれっくす×コンプレックス』(ふくだみゆき)『ある日本の絵描き少年』(川尻将由)など、若手作家のアニメーションを多く上映してきたトリウッド。
今回は、東京藝術大学・東京造形大学の大学院を修了した、平松悠/しょーた/川上喜朗の作品を合わせて上映します!
2019年の下北沢映画祭で準グランプリに輝いた平松悠の『ひ なんて、なくなってしまえ!』の他、老若男女誰もが楽しめる全8作品。期間中はイベントも実施予定です。
現在彼らは共同制作による新作短編アニメーションを、来年の公開を目指して制作&クラウドファンディング中。それにも期待しつつ、可愛くて、愉快で、切なくて愛おしいやつらが登場するアニメーションをまとめて楽しんじゃって下さい!


☆上映延期のお知らせ
4/11(土)より下北沢トリウッドにて上映を予定しておりました「<なにが出るかな? - ヘンテコ不思議な3模様>平松悠・しょーた・川上喜朗 短編アニメーション特集」について、制作側・劇場側で話し合い、双方合意の上で上映開始を一旦延期することとなりました。

トリウッドでもウイルス感染防止対策を取ってはおりますが、彼らの楽しい作品をお子様連れも含めた皆さまにより落ち着いてご覧頂きたいと思い、延期を決定致しました。楽しみにお待ち頂いていた皆さまには心よりお詫び申し上げます。

新たな上映日程につきましては、当館HPやTwitterの公式アカウントでお知らせ致します。延期になった分、オープニングアニメーションや最新作の企画をさらに魅力的なものにお届けできるよう準備してまいります。今後もお力添えをいただけますと嬉しいです。お楽しみにお待ちください。

何卒よろしくお願い申し上げます。
 <なにが出るかな? - ヘンテコ不思議な3模様>上映担当 川上喜朗
下北沢トリウッド


・・・・・・・・・・・・・・・


2020年 4月25日より
人気劇団・ヨーロッパ企画が劇団として取り組む初のオリジナル長編映画、公開決定!
『 ドロステのはてで僕ら 』
時間のパズルに殴られろ。
  ヨーロッパ企画がおくる、エクストリーム時間SF。

(2020)

出演 : 石田剛太
      酒井善史
      角田貴志
      諏訪雅
      土佐和成
      中川晴樹
      永野宗典
      本多力
      藤谷理子 他

原案・脚本 : 上田誠
(『サマータイムマシン・ブルース』『夜は短し歩けよ乙女』他)

監督・撮影・編集 : 山口淳太
(TVドラマ『警視庁捜査資料管理室』他)

企画・制作 : ヨーロッパ企画 
配給 : トリウッド 
宣伝 : 下北沢映画祭

「未来に引っ張られてる感じ、あるわー」
とある雑居ビルの2 階。カトウがギターを弾こうとしていると、テレビの中から声がする。見ると、画面には自分の顔。しかもこちらに向かって話しかけている。「オレは、未来のオレ。 2 分後のオレ」。どうやらカトウのいる2 階の部屋と1 階のカフェが、2 分の時差で繋がっているらしい。
“タイムテレビ” の存在を知り、テレビとテレビを向かい合わせて、もっと先の未来を知ろうと躍起になる仲間たち。さらにカトウの意中の相手メグミや5 階に事務所を構えるヤミ金業者、カフェに訪れた謎の2人組も巻き込み、「時間的ハウリング」は無限ループに陥っていく……。

[ドロステ効果]
絵の中の人物が、自分が描かれた絵を持ち、その絵の中の人物も自分が描かれた絵を持ち……という、無限に続く入れ子のような構図のこと。

京都を拠点に活動を続け、毎年の本公演では1万5千人を動員する人気劇団・ヨーロッパ企画。
本公演以外にも多方面にわたってコンテンツ制作を展開し、劇団員それぞれが短編映画の監督を手がけるなど、映画や映像作品にも注力してきました。

そして2020 年、トリウッドと下北沢映画祭のコラボレーション企画として開催してきた<ヨーロッパ企画と下北沢映画祭のトリウッド大作戦>の中でも上映され、人気・評価ともに高い上田誠(ヨーロッパ企画・代表)監督の短編『ハウリング』を、長編映画『ドロステのはてで僕ら』としてリブート!劇団としては満を持してのオリジナル長編映画が、今春にトリウッド他全国で公開決定です!

原案、脚本は、上田誠(『サマータイムマシン・ブルース』『曲がれ!スプーン』『『ペンギン・ハイウェイ』『前田建設ファンタジー営業部』)。
メガホンをとるのは、ヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太(「警視庁捜査資料管理室」)。
そして出演は、ヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子。さらに、ヨーロッパ企画と初タッグとなるヒロイン役の女優も決定!

とある雑居ビルのカフェで起こった、SFめいた事象。テレビとテレビが「時間的ハウリング」を引き起こし、2 分前と2 分後がつながった。絡まる思惑、襲う整合性。ドロステのはてで、僕らは――。

続報をお待ち下さい!

        公式Twitter


2020年4月25日(土)~

 ※平日火曜定休
 ※タイムテーブル未定

未定

・・・・・・・・・・・・・・・
企画・制作:ヨーロッパ企画 配給:トリウッド 宣伝:下北沢映画祭


2020年 4月25日より
“誰も観たことがない”大ヒットアニメーションが登場!
『 音楽 』
(2019/71分)

声の出演 :
 坂本慎太郎  駒井蓮

 前野朋哉  芹澤興人

 平岩紙 / 岡村靖幸 / 竹中直人  他


原作 : 大橋裕之「音楽 完全版」(カンゼン)

監督・脚本・絵コンテ・キャラタクターデザイン・作画監督・美術監督・編集 : 岩井澤健治

製作 : ロックンロール・マウンテン、Tip Top 
配給 : ロックンロール・マウンテン 
配給協力 : アーク・フィルムズ

大橋裕之による伝説の自費出版漫画を、岩井澤健治監督が「ロトスコープ」を採用しほぼ独力による個人制作で作り上げた“誰も観たことがない”アニメーション『音楽』。前代未聞の驚異の表現が話題を呼び大ヒットした本作が、トリウッドに登場です!
期間中には、岩井澤監督の初期作や個人制作作品にスポットを当てた短編アニメーション特集も同時開催予定(5/9~)。ぜひお楽しみに!

     


2020年4月25日(土)~5月29日(金)
※平日火曜定休

4/25(土)~5/10(日) 15:30
5/11(月)~29(金) 土日15:30 /  平日17:30

 ☆5/9(土)からは短編アニメーション特集を開催予定!(詳細は後日お知らせします)

 ※ウイルス関連の状況次第では変更となる場合がございますので予めご了承下さい。

一般 1,800円 / 大学・専門 1,300円 / シニア 1,100円 / 高校生以下 1,000円

・・・・・・・・・・・・・・・
(C) 大橋裕之/ロックンロール・マウンテン/Tip Top

Tollywood  since1999