下北沢トリウッド  〒155-0032  東京都世田谷区代沢5-32-5-2F  TEL 03-3414-0433(電話受付:営業時間内 ※火曜日定休)

☆『ドロステのはてで僕ら』 都内上映館が増えます!
上映中の『ドロステのはてで僕ら』につきまして、現在のところ都内では当館の各回23席のご用意しかできておりませんでしたが、7/3より、 『TOHOシネマズ池袋』さん、『TOHOシネマズ日比谷』さんでも上映となりました!
皆様、是非、お楽しみください!

☆『ドロステのはてで僕ら』 パンフレット通販について
劇場限定で販売してきた『ドロステのはてで僕ら』パンフレット(1,000円)ですが、ご要望にお応えしてトリウッドオンラインショップでの通販を始めました!ご希望の方は以下ページからご購入下さい!

   トリウッド オンラインショップ

  ※1回のご注文で2冊までです。
  ※別途送料(300円)がかかります。
 イベント詳細は各作品欄にてご確認ください。
7/11
12:00 13:30 15:00  17:00
『ドロステのはてで僕ら』 『音楽』 <『音楽』が作られたアニメーションの世界>
 <A>
『ドロステのはてで僕ら』
7/12
12:00 13:30 15:00  17:00
『ドロステのはてで僕ら』 『音楽』 <『音楽』が作られたアニメーションの世界>
 <B>
『ドロステのはてで僕ら』
7/13
  15:00 16:40 18:10  20:00
  『ドロステのはてで僕ら』 『音楽』 <『音楽』が作られたアニメーションの世界>
 <C>
『ドロステのはてで僕ら』
☆火曜日定休  ☆各回入替制   ☆整理番号順入場  ☆全席自由席
開館は各日初回の20分前です。開館後、全ての回の整理番号をお求め頂けます。混雑状況によって早めに開館する可能性があります。

☆【チケットのネット予約のお知らせ】
当館は基本「当日券・自由席」で、事前のご予約はお電話での指定席のご予約のみ承っておりましたが、ウイルス対策として、各上映回の
販売枚数を座席数の4割=18席(6/20より23席)とし、指定席のご予約受付も中止致します。
ただ、現在の状況下で「ご来館頂いたのにお座り頂けない」という状態が生まれないよう、
期間限定でチケットのネット予約をご用意しました。以下、注意事項等をご確認頂き、宜しければぜひご利用下さい。

○チケットのみのご予約で、座席の指定は出来ません。
○3日前からご予約可能で、ご予約の受付終了は前日18時までです。
○各回2名までご予約可能です。
○手数料はかかりません。
○販売枚数上限の18席まで(6/20より23席まで)ご予約を受け付けますので、ご予約で全て埋まった回は
  当日券を販売しない場合がございます。
        詳細はこちらをご覧ください。
        入場予約はこちらから


【感染予防 : ご来場の皆さまへのお願い】
ウイルス感染予防および拡散防止のため、皆さまの健康と安全を考慮し、ご来場頂く際に以下をお願いしております。
各回の座席数を18席まで(6/20より23席まで)と致します。他の方と間隔を空けてお座り下さい。

期間限定でチケットのネット予約を行います。詳しくは当館HPをご覧下さい。
  ※予約分で全席埋まった場合は当日券の販売は行いませんのでご注意下さい。

本編開始後の途中入場は不可とさせて頂きます。

館内への飲み物のお持ち込みは構いませんが、他のお客様にご配慮下さい。尚、お食事は引き続き不可とさせて頂きます。

ご来場の際はマスクの着用をお願いします。ご着用頂けないお客さまには、ご入場をお断り、またはご退出をお願い致します。
  ※お手持ちでない方には受付にてマスク(未使用品)を50円で販売しますが、在庫に充分な余裕がありませんので、なるべくご持参ください。

受付時・入場時には前後のお客様と間隔を空けてお並び下さい。また、場内やロビーでの大きな声での対面発話はお控えください。

受付にアルコール消毒液を設置しております。入館時・退館時の手指のアルコール消毒をお願い致します。

咳や発熱等、体調に不安がある方は、ご来場をお控え下さい。体調がすぐれないように見受けられる方にはスタッフがお声がけし、ご帰宅を勧めさせて頂く場合がございますので予めご了承ください。

ご来場中に体調が崩れたり、咳や発熱等の症状が出てくるようでしたら、直ちにご帰宅ないし最寄りの病院へおいでください。
 
また、当面の間は以下の措置をとらせて頂きます。
スタッフはマスク着用のうえで業務にあたらせて頂きます。

各回の開場は5分前とさせて頂きます。
  換気や清掃、また前後のお客様同士の接触を避ける為、通常よりも多めに入替時間を取ります。

ウイルス感染状況の変化により、実施内容が一部変更になる場合もあります。
  事前に当館HPやTwitterで情報をご確認の上、ご来場下さい。

当方の対策やお願いに準じて頂けない場合、ご退場頂く場合がございます。
 
<サービスデー!>  毎月1日&22日は、皆さま1,000円でご鑑賞頂けます。
☆公開情報
 ☆<「音楽」が作られたアニメーションの世界>公開決定!  ☆『遮那王』『お江戸のキャンディ-1,2』 上映決定!
 ☆『なにが出るかな?』    
 


 
『ドロステのはてで僕ら』
『音楽』 
<「音楽」が作られたアニメーションの世界>

人気劇団・ヨーロッパ企画による初のオリジナル長編映画!
『 ドロステのはてで僕ら 』
時間のパズルに殴られろ。
  ヨーロッパ企画がおくる、エクストリーム時間SF。

(2020/70分)

出演 :
 土佐和成
 藤谷理子
 石田剛太
 諏訪雅
 酒井善史
 中川晴樹
 角田貴志
 永野宗典
 本多力

 朝倉あき


原案・脚本 : 上田誠
(『サマータイムマシン・ブルース』『夜は短し歩けよ乙女』他)

監督・撮影・編集 : 山口淳太
(TVドラマ『警視庁捜査資料管理室』他)

主題歌 : バレーボウイズ「タイトルコール」 

音楽 : 滝本晃司

製作 : トリウッド、ヨーロッパ企画 
配給 : トリウッド 
宣伝 : 下北沢映画祭

とある雑居ビルの2階。カトウがギターを弾こうとしていると、テレビの中から声がする。見ると、画面には自分の顔。しかもこちらに向かって話しかけている。
「オレは、未来のオレ。 2分後のオレ」。どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差で繋がっているらしい。
“タイムテレビ”の存在を知り、テレビとテレビを向かい合わせて、もっと先の未来を知ろうと躍起になるカフェの常連たち。さらに隣人の理容師メグミや5階に事務所を構えるヤミ金業者、カフェに訪れた謎の2人組も巻き込み、「時間的ハウリング」は加速度的に事態をややこしくしていく…。
襲いかかる未来、抗えない整合性。ドロステのはてで僕らは─。

[ドロステ効果]
絵の中の人物が、自分が描かれた絵を持ち、その絵の中の人物も自分が描かれた絵を持ち……という、無限に続く入れ子のような構図のこと。

京都を拠点に活動を続け、毎年の本公演では15,000人を動員する人気劇団・ヨーロッパ企画が、劇団として初めて取り組むオリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』。

「Motion Gallery」にて国内外の上映に向けた支援を募集したところ、目標達成率617%を記録するなど期待が集まっていますが、4/25からの公開が延期となっていた本作。いよいよ“じわじわ封切キャンペーン”として、6/5(金)よりトリウッドでも試運転上映がスタートします!

これまで時間やSFといったテーマを得意としてきたヨーロッパ企画が手がけた、まさに“時間SF映画”の決定版。合成を一切使わない上、全編長回し撮影でタイムトリップを映像化する──その無謀ともいえる挑戦を、劇団ならではの結束力で乗り越えた奇跡の瞬間が連なる70分をぜひお楽しみに!

        公式Twitter

 

7/11(土)~17(金)
 土日 12:00/17:00
 平日 15:00/20:00

7/18(土)19(日)
 12:00/17:00/18:30

7/20(月)~31(金)
 土日祝 12:00/17:00
 平日 15:00/20:00

8/1(土)~7(金)
 土日 12:00/17:30/19:00
 平日 14:30/20:00

8/8(土)~
 時間未定

☆本編前に上田誠さん、山口淳太監督、土佐和成さん、朝倉あきさんのコメント映像も上映!(期間未定)

一般 1,800円 / 大学・専門 1,500円 / シニア 1,200円 / 高校生以下 1,000円

☆<ヨーロッパ企画が映画館にいますキャンペーン>

7/1(水) 19:00 土佐和成
7/2(木) 19:00 土佐和成
 ※敬称略
 ※メンバーの急な予定変更により、劇場に来られない場合もございます。予めご了承下さい。


☆映画「ドロステのはてで僕ら」オンライン上映会視聴障害のお詫びとご説明
本件に関しまして、チケットぴあさんからのご説明文を掲載させていただきます。
ご確認いただけましたら幸いです。よろしくお願いします。

 ヨーロッパ企画サイト内
(C) ヨーロッパ企画/トリウッド 2020

“誰も観たことがない”大ヒットアニメーションが登場!
『 音楽 』
(2019/71分)

声の出演 :
 坂本慎太郎  駒井蓮

 前野朋哉  芹澤興人

 平岩紙 / 岡村靖幸 / 竹中直人  他


原作 : 大橋裕之「音楽 完全版」(カンゼン)

監督・脚本・絵コンテ・キャラタクターデザイン・作画監督・美術監督・編集 : 岩井澤健治

製作 : ロックンロール・マウンテン、Tip Top 
配給 : ロックンロール・マウンテン 
配給協力 : アーク・フィルムズ

大橋裕之による伝説の自費出版漫画を、岩井澤健治監督が「ロトスコープ」を採用しほぼ独力による個人制作で作り上げた“誰も観たことがない”アニメーション『音楽』。

休館に伴い4/25からの予定が延期となっていた本作ですが、6/6よりトリウッドでも上映開始です!

前代未聞の驚異の表現が話題を呼び大ヒットしたアニメーションを、ぜひお楽しみ下さい!

     

 
2020年6月6日(土)~7月31日(金)

6/6(土)~7/10(金)  15:00
7/11(土)~31(金)  土日祝 13:30 /  平日16:40

※火曜定休(祝日の場合営業)
※時期は予定

一般 1,800円 / 大学・専門 1,300円 / シニア 1,100円 / 高校生以下 1,000円

・・・・・・・・・・・・・・・
(C) 大橋裕之/ロックンロール・マウンテン/Tip Top


短編アニメーション特集上映!
<「音楽」が作られたアニメーションの世界>
この度、短編アニメーションの特集上映を企画しました、岩井澤健治です。
今回の特集上映は、表現豊かで多種多様なアニメーション作品を、少しでも知ってもらう切っ掛けになればと岩井澤自ら企画しました。
上映する作品は、単純に面白かったり、個人的に大きな衝撃を受けた作家の方々で「音楽」を制作する上で少なからず影響を受けていたりもします。
合わせてニューディアーの土居伸彰さんにご協力いただき、ドン・ハーツフェルト作品集とブルース・ビックフォード傑作選の上映もいたします。
短編アニメーションはパソコンのブラウザやスマホで観ることはあっても、映画館で観る機会は少ないかと思うので、是非ともスクリーンに映し出されるアニメーションを体感して下さい!
― 岩井澤健治(『音楽』監督) 

 

Aプログラム(約65分)
『サイシュ~ワ』 (4分)  ぬQ
『夜になった雪の話』 (6分)  幸洋子
『タンポポとリボン』 (7分)  若井麻奈美
『レッツゴー番長デッドオアアライブ完全版』 (25分)   鈴木専
『MOWB』 (14分)  ゆはらかずき
『山』 (9分)  岩井澤健治

Bプログラム(約65分)
『パラダイス』 (20分) ひらのりょう
『魚に似た唄』 (5分) 竹内泰人
『パカリアン』 (11分) 秦俊子
『ある日本の絵描き少年』 (21分) 川尻将由
『cosmic!』 (3分) 一のせ皓コ
『太郎は水になりたかった』 (5分)  岩井澤健治

Cプログラム (約80分)

<明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集>

『きっと全て大丈夫』 
(2012/62分)
※長編特別編集版、デジタル・リマスター
どこにでもいる中年のビルの日常が、ふとした瞬間から少しずつ歪んでいく。彼を蝕む病魔は、ビルに対し、彼の人生、家族との関係、未来の姿について考えさせる。本作はハーツフェルトが2006年より発表した短編三部作『きっと全て大丈夫』(2006年、17分)、『あなたは私の誇り』(2008年、22分)、『なんて素敵な日』(2012年、23分)を一本の長編として再編集しなおしたもので、このバージョンは、Time Out New Yorkの「史上最高のアニメーション」第16位にランクインするなど、アニメーション史に残る作品として、世界中にハーツフェルトの名前を轟かせることとなった。

『明日の世界』
(2015/17分)
少女エミリーはある日遠い未来からの交信を受ける。同じくエミリーと名乗るその女性は、彼女のクローンなのだという。未来のエミリーは、少女エミリーを、彼女の暮らす未来の世界へと連れていく。そこで待ち受けていたのは、「死」が消えて、永遠に生きることを余儀なくされた人々の、ボンヤリとして切ない人生の物語だった。アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート、サンダンス映画祭短編部門審査員大賞(自身二度目の受賞、同映画祭で二度審査員大賞を受賞したのはハーツフェルトが初。)、アヌシー国際アニメーション映画祭審査員特別賞&観客賞ほか、41の賞を受賞。
 

配給 : ニューディアー、タゲレオ出版
     

特別プログラム(約65分)

<ブルース・ビックフォード傑作選>

『プロメテウスの庭』 (1988/28分)
「初期8mm作品集」 (1960年代初期/3分)
「初期線画アニメーション集」 (1980年代初期/3分)
『猪頭 イノシシ アタマ』(抜粋) (1990年代初期/2分)
『ビートニク詩人』(抜粋) (1990年代中盤/4分)
『このマンガはお前の脳をダメにする』 (2008/6分)   
『インヴァージョン・レイヤー』  (2003/11分)   
『アッパー・ヴァレー』 (6分) ※サイレント   
『アッティラ』 (2016/2分) ※サイレント

ブルース・ビックフォードがその生涯に残した数々のアニメーションを、初期のダイナミックかつグロテスクな習作から、『プロメテウスの庭』『このマンガはお前の脳をダメにする』などの代表作、そして晩年にビックフォードのガレージから発掘された『アッティラ』まで、クレイ・線画をあわせて一挙に紹介。

    

今年のアヌシー国際アニメーション映画祭の長編部門で最優秀オリジナル音楽賞を受賞するなど快進撃が止まらない『音楽』。
トリウッドでも好評上映中ですが、関連企画として短編アニメーションの特集上映が開催決定です!

岩井澤健治監督が自ら企画した本特集では、自身の作品の他に、ぬQ/幸洋子/若井麻奈美/鈴木専/ゆはらかずき/ひらのりょう/竹内泰人/秦俊子/川尻将由/一のせ皓コの10名の作家による作品を上映。
またドン・ハーツフェルト作品集や、特別プログラムとしてブルース・ビックフォード傑作選も上映します。
これまで数多くの短編アニメーションを上映してきたトリウッドで、その魅力を存分に堪能して下さい!

 
2020年7月11日(土)~7月31日(金)
※火曜定休
※各プログラムを日替わりで上映

土日祝日 15:00 / 平日 18:10

※詳しくは上映カレンダーをご覧下さい。


1プログラム
一般 1,500円 / 学生・シニア 1,200円 / 高校生以下 900円

☆半券割!(『音楽』又は同特集の他プログラムの半券提示)
 一般 1,200円 / 学生・シニア 1,000円

◇来場者特典も準備中!詳細は後日お知らせします!

☆来場者特典!
A/Bプロをご覧の方に、岩井澤監督特製の冊子をプレゼント!
上映作品の紹介と、Aプロ版には岩井澤監督のテキスト、
Bプロ版には『ある日本の絵描き少年』川尻監督のインタビューが掲載!
ここでしか手に入りません!
※在庫がなくなり次第終了

☆Tシャツプレゼント!
7/11~31の『音楽』と<「音楽」が作られたアニメーションの世界>をご覧の方にプレゼントするチケットを4枚集めると、今回の特集上映の為に作られたTシャツがもらえます!ぜひ!
※先着順、在庫がなくなり次第終了
映画館コラボなどのTシャツでも話題の「音楽」ですが、またTシャツ作りました!
今回はなんと非売品です!!
こちらは下北沢トリウッドで7/11から始まる『「音楽」が作られたアニメーションの世界』で上映される4つのプログラムと「音楽」の上映で配布するチケットを4枚集めると先着でプレゼントします!
サイズはS、M、L、XLと4サイズ展開!
組み合わせは自由!「音楽」4本観ても、短編特集だけ観ても、一緒に観にきた友達のチケット譲ってもらっても良いです!
イラストは今回のために大橋裕之さんに描き下ろしてもらいました!いつもありがとうございます!
アニメ観てTシャツもらえるのは全国で下北沢トリウッドだけですよ!
岩井澤 健治

※Tシャツプレゼントのチケットは7/11〜7/31までの期間の「音楽」と『「音楽」が作られたアニメーションの世界』の各プログラムで配布いたします。
※Tシャツは多めにご用意しておりますが、先着順となりますので無くなり次第終了となります。
特集上映



Tollywood  since1999