下北沢トリウッド  〒155-0032  東京都世田谷区代沢5-32-5-2F  TEL 03-3414-0433(電話受付:営業時間内 ※火曜日定休) 

 

 2019年7月20日より
下北沢トリウッド 開館20周年記念イベント 第7弾!
今年もやります!
< 夏のアニメ三昧 2019 >
2019年の下北沢トリウッドは開館20周年イヤー。
様々な記念イベントを行っていますが、第7弾として昨年好評だった<夏のアニメ三昧>の開催が決定!

注目はTVアニメ『ハイスコアガール』の特別上映。10月から第2期もスタートする人気作品を劇場で観られる数少ないチャンスです。

また、近年上映しファンの熱い支持を集めた『若おかみは小学生!』『きみの声をとどけたい』『さよならの朝に約束の花をかざろう』や、初登場となる『ちえりとチェリー』『ホフマニアダ ホフマンの物語』『猫企画』『心が叫びたがってるんだ。』の他、これまでトリウッドを彩ってきた『惑星大怪獣ネガドン』『燃える仏像人間』『ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたち』『COCOLORS』など上映機会が少ない作品も集結。
5週間にわたって全14作品を上映します。お楽しみに!
☆90年代アーケードラブコメディー!大人気アニメを劇場で特別上映!
TVアニメ『ハイスコアガール』
※上映日程、内容などは後日発表

☆高森奈津美&星野源がW主演!根強い人気を誇るパペット・アニメーション!
『ちえりとチェリー』
 (併映『チェブラーシカ 動物園へ行く』)

7/20(土)~8/2(金)8/17(土)21(水)

☆E.T.A.ホフマンの空想世界を15年かけて完成させたパペット・アニメーション!
『ホフマニアダ ホフマンの物語』
 (併映『マイリトルゴート』)

7/20(土)~26(金)8/17(土)21(水)

☆粟津順監督による2005年公開の名作怪獣映画と最新作を合わせて上映!
『猫企画』 & 『惑星大怪獣ネガドン』
7/20(土)~26(金)8/17(土)23(金)

☆最新作『バイオレンス・ボイジャー』も話題の宇治茶監督作品が帰ってくる!
『燃える仏像人間』
7/27(土)~8/2(金) 8/17(土)23(金)

☆伝説の作品が再び甦る!HDリマスター版では初の劇場上映!
『ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたち』(HDリマスター版)
8/4(日)~9(金) 8/17(土)19(月)22(木)

☆2017年にロングランを果たした神風動画による中編アニメーション!
『COCOLORS』
8/4(日)~9(金) 8/17(土)19(月)22(木)

☆多くのアニメファンを魅了した人気作を夏にも上映!
『若おかみは小学生!』
8/10(土)~16(金) 8/18(日)19(月)22(木)

☆アニメファンの熱い支持を集める作品が今年も登場!
『きみの声をとどけたい』
8/10(土)~16(金) 8/18(日)19(月)22(木)

☆新作公開が待たれる長井龍雪&岡田麿里&田中将賀による人気作を上映!
『心が叫びたがってるんだ。』
8/10(土)~16(金) 8/18(日)21(水)23(金)

☆昨年の上映でも話題を呼んだ、岡田麿里の初監督作品!
『さよならの朝に約束の花をかざろう』
8/10(土)~16(金) 8/18(日)21(水)23(金)


 


2019年7月20日(土)~8月23日(金)
※火曜定休

  ※『ホフマニアダ ホフマンの物語』は、『マイリトルゴールド』を併映
  ※『ちえりとチェリー』は、『チェブラーシカ動物園へ行く』を併映
  ※『猫企画』と『惑星大怪獣ネガドン』は二本続けての上映

  ※ハイスコアガール ・・・ Aプロ(1~4話)、Bプロ(5~8話)、Cプロ(9~12話)、 各約100分
 
  ※ハイスコアガール ・・・ Aプロ(1~4話)、Bプロ(5~8話)、Cプロ(9~12話)、 各約100分

  ※『ホフマニアダ ホフマンの物語』は、『マイリトルゴールド』を併映
  ※『ちえりとチェリー』は、『チェブラーシカ動物園へ行く』を併映
  ※『猫企画』と『惑星大怪獣ネガドン』は二本続けての上映

『ハイスコアガール』
 1回券 : 一般 1,500円 学生シニア 1,300円
 2回券 : 一般 2,800円 学生シニア 2,400円
 3回券 : 一般 3,900円 学生シニア 3,300円
  ※2プログラム割は対象外

『猫企画』&『惑星大怪獣ネガドン』(2本続けての上映)
 一般 1,500円 学生シニア 1,100円

『ちえりとチェリー』(併映『チェブラーシカ 動物園へ行く』)
『ホフマニアダ ホフマンの物語』
(併映『マイリトルゴート』)
『燃える仏像人間』
『ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたち』
『若おかみは小学生!』
『きみの声をとどけたい』
『心が叫びたがってるんだ。』
『さよならの朝に約束の花をかざろう』
 各 一般 1,300円 / 学生シニア 1,000円
 
『COCOLORS』
 一律 800円
  ※2プログラム割は対象外

☆2プログラム割!
 同日2プログラム鑑賞の方は一般料金の合計から400円引き!
  ※一般料金のみ
  ※『ハイスコアガール』『COCOLORS』は対象外

☆『猫企画』&『惑星大怪獣ネガドン』粟津順監督舞台挨拶!
7/20(土) 19:00の回上映後
 ゲスト : 粟津順(監督)

☆『ちえりとチェリー』『チェブラーシカ 動物園へ行く』 中村誠監督舞台挨拶!
7/21(日) 15:30の回上映後
 ゲスト : 中村誠(監督)


☆『COCOLORS』横嶋俊久監督舞台挨拶!
8/4(日) 11:30の回上映後
8/17(土) 18:30の回上映後
 ゲスト : 横嶋俊久(監督)

※イベントは全て該当回をご覧の方がご参加頂けます。
※ゲストは予告なく変更になる場合がございます。

(C)


 2019年7月27日より
いじめの渦中にいる当事者の複雑な実情を描き、
数々の映画祭で波紋を呼んだ話題作が劇場公開!
『 アマノジャク・思春期 』
(2016/31分)

出演 : 山本楽 千野羽舞 
      古山憲太郎 河野知美
      三坂知絵子 市原叶晤 
      拓羊 大塚巧

監督・脚本・編集 : 岡倉光輝

プロデューサー : 錦山理沙
助監督 : 太田恭平 

小学6年生になった男の子の光は、自身の受け口を悩み抜きマスクをつけて学校へ行くようになった。両親はその矯正のため、光と歯科を訪ねるものの、顎の矯正には18歳頃になってから手術が必要と知らされる。
人とちがうって、どういうこと? 教室に馴染めない光の日常は続く。

[受賞歴]
福井駅前短編映画祭2018 グランプリ[フェニックス大賞]
カナザワ映画祭2017「期待の新人監督」特別賞
第18回TAMA NEW WAVEコンペティション 特別賞
第2回池袋みらい国際映画祭 地域審査員賞
福岡インディペンデント映画祭2018 優秀賞
第3回ところざわ学生映画祭 グランプリと観客賞
得体の知れない苛立ち、世界に対する不安、よくわからないけどしてしまう変な行動……あぁ、自分もそうだったなぁと思わせてくれる。なによりも主人公の男の子が素晴らしい。ふらふらとした身体性、歩き方、目つき。
入江悠(映画監督)

監督の苦悩が活かされた作品と見ました。鬼気迫るものを感じました。
押切蓮介(漫画家)

鮮烈な印象です。原石が徐々に磨かれ、キラキラした宝石のような作品となりましたね。壊れやすく、傷つきやすい人間の心を正面から見据え、映像に昇華させる並々ならぬ力を備えた新しい表現者の登場ですね。
野中章弘(ジャーナリスト)

純粋無垢な子どもにとって「人と違うこと」は最大のコンプレックスとなる。
また、成長段階では自分の思いを言語化することも、かなりのエネルギーを要するため、その苦しみが問題行動を引き起こし、さらに傷口が広がってしまう。
姫野桂(ライター)

開巻間もなく、主人公の状況が提示された後は、ひりつくような“ 30 分”が訪れる。途中、登場人物のセリフのように、「何言ってんだか、聞き取れねぇ~や」という気持ちに襲われる瞬間もある。しかし気付くと岡倉光輝監督の、これを描かなければ前には進めないという確固たる意志に、いつしかヤラれてしまっている。心して観よ! そういう“ 30 分”なのだ!!
松崎まこと(放送作家・映画活動家)

彼らは出ていったのだろうか、それとも戻りくるしかなかっただろうか。差別や抑圧、無知と偏見、そして装った無関心、あらゆる息苦しさが渦巻く”日常”へ。残酷なのは人と”違う”ことそのものではない。そこから言葉を奪うことだった。
安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
ある少年の「受け口」というコンプレックスの問題を通じて、いじめを受けている当事者個別の悩みへの周囲の無理解を、実話に基づいて描いたインディペンデント映画『アマノジャク・思春期』。
福井駅前短編映画祭2018、カナザワ映画祭、TAMA NEW WAVEといった、多くの映画祭で受賞し高い評価を受ける短編が、いよいよトリウッドにて劇場公開です!
周りの人との違いを理解すること、それぞれに正義があり、それぞれに欠点があること。子ども達のリアルな世界を通じて描く本作を、ぜひご覧下さい!

     


2019年7月27日(土)~8月9日(金)
※火曜定休

土日 12:30/18:00 / 平日 20:30

一律 1,000円

☆キャストによる初日&千秋楽舞台挨拶!
 7.27(土) 12:30の回上映後
  ゲスト : 山本楽さん、大塚巧さん、
         岡倉光輝監督、錦山理沙さん(プロデューサー)

 8.9(金) 20:30の回上映後
  ゲスト : 山本楽さん、千野羽舞さん、大塚巧さん、拓羊さん、
        岡倉光輝監督、錦山理沙さん(プロデューサー)

☆トークイベント!
 7.27(土) 18:00の回上映後
  ゲスト : 入江悠監督、山本楽さん(本作主演)、岡倉光輝監督
  司会 : 錦山理沙さん(本作プロデューサー)

 8.2(金) 20:30の回上映後
  ゲスト : 姫野桂さん(著書『発達障害グレーゾーン』)、岡倉光輝監督
  司会 : 錦山理沙さん(本作プロデューサー)

※該当回をご覧の方がご参加頂けます。
※ゲストは予告なく変更になる場合がございます。
(C)「アマノジャク・思春期」製作委員会

Tollywood  since1999