下北沢トリウッド  〒155-0032  東京都世田谷区代沢5-32-5-2F  TEL 03-3414-0433(電話受付:営業時間内 ※火曜日定休) 

 

 2018年6月30日より
『ユートピア』伊藤峻太監督の過去作を合わせて上映!
『 虹色★ロケット 』 『 最後の星捕り 』
(2006/74分)

出演 : 松永祐佳、平山みな美、伊藤峻太、
      小泉優絵、宮川広平、寺内雄生、
      白石愛、阿部晴果、桑原遼介、
      戸村次男、倉島瑞季

監督 : 伊藤峻太  脚本 : 伊藤峻太、平山みな美
撮影 : 下條岳、伊藤峻太  録音 : 桑原遼介  
美術 : 阿部晴果、平山みな美、松永祐佳 
衣装 : 平山みな美、湯浅志保子 
編集 : 伊藤峻太   音楽 : 椎名遼


─「生きる覚悟」はできたか?─
芸術的銀河科――
かつて生徒が作ったそのおかしな学科に、不思議な転校生がやってくる。名前はユカ。
持ち前の明るさでユカはすぐにメンバーの環に溶け込んでゆく。
薬物依存やイジメ、恋人の死。様々な過去を生きてきた仲間たちの中で、自殺未遂をしたミナミだけが、未だに"それ"を乗り越えられずにいる。
そしてユカもまた、難病に冒され、壮絶な過去を抱えていた。
誰にも変えることが出来なかったミナミ<死にたい者>の想いと、全てを捨てる決意を固めたユカ<生きたい者>の覚悟が衝突する…
果たしてその先に待つものとは?
「生」と「死」、どちらにも真っ正面からぶつかってゆく7人と、それを見守る顧問のトムやヤブ医者ハルカ、意地悪な神様。
厳しい冬を優しくあたためるような、それぞれの命の物語。
  

(2012/45分)

出演 : 山本舞、松永祐佳、熊田愛里、下條英子、赤澤涼太、泉政宏 他

監督・脚本・アニメーション・編集 : 伊藤峻太

脚本・撮影・編集 : 下條岳 
衣装・ヘアメイク : 湯浅志保子
音楽 : 椎名遼
企画・製作 : 芸術家族ラチメリア・カルムナエ



―月のでない晴れた夜、彼らは今も星を捕る。―
深い森に棲む星捕りは、星座づくりを生業とする職人たち。 彼らの描く星座は、古くから街の人々を魅了してきた。
その冬、枯れ草の森のアドニス一座では卒業を控えた一番弟子のコーリーが最後の課題を前に頭を抱えていた。二番弟子のユタカ、三番弟子のティコは近づく別れのときに寂しさを隠せない。
しかし、ある晩訪れた空屋は静かに呟く。
「人が空を見ない時代が本当に来るのかもしれない――」
それはあまりに残酷に、星捕りのこれからを暗示していた。
星捕りの過渡期に生きた、3人の若い弟子たちの物語。
  

トリウッドにて好評ロングラン中の『ユートピア』に合わせて、伊藤峻太監督の過去作の上映が決定です!
伊藤監督のデビュー作で、2007年に高校生監督の作品として異例の劇場公開・DVD化を果たし、甲本ヒロト氏、山崎貴氏、りんたろう氏などが賞賛したことでも話題を呼んだ映画『虹色★ロケット』の他、『ユートピア』制作に向け作られ、2012年に特別上映された中編ファンタジー『最後の星捕り』も土日限定で上映!
『ユートピア』にも通じる2作品を、この機会にぜひご覧下さい!


2018年6月30日(土)~7月13日(金)
※火曜定休

6/30(土)7/1(日)  12:00 『虹色』 / 13:30 『星捕り』
7/2(月)~6(金)  15:00 『虹色』 
7/7(土)、8(日) 15:00 『虹色』 / 16:30 『星捕り』
7/9(月)~13(金)  18:30 『虹色』

『虹色』  一律 1,000円 
『星捕り』 一律 700円 

☆2作品割!
 2作品鑑賞で合わせて1,200円!(別日の場合は半券提示)

☆ユートピア割!
 
『ユートピア』の半券提示で200円引き!

・・・・・・・・・・
(C)芸術家族ラチメリア・カルムナエ

 2018年7月7日より
傑作音楽ドキュメンタリーが急遽上映決定!
『 Cu-Bop  across the border 』
(2018/98分)

出演 : セサル・ロペス、
      アクセル・トスカ、
      ロランド・ルナ、
      アデル・ゴンサレス 他

監督・撮影 : 高橋慎一

編集 : 遠山慎二
整音 : 永田一直
製作 : Kamita Label
配給 : ぴあ

写真家・ライターとして20年以上にわたってキューバに通い続けてきた高橋慎一が監督を務め、祖国・キューバで音楽活動を続けるセサル・ロペスと、ジャズの本場・アメリカへ移住したアクセル・トスカの両者に密着取材。生活と共にある本物のキューバ音楽を生き生きと描き出す。
  

2015年に公開され熱烈な支持者を生み出し、その後1 年間に及ぶ入念な再撮影、再編集によって新たに完成した傑作音楽ドキュメンタリー『Cu-bop across the border』が、トリウッドにて急遽上映決定!
困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリーを、“音楽の街”下北沢でぜひご覧下さい!


2018年7月7日(土)~7月13日(金)
※火曜定休

20:00(日曜のみ19:30)

一律 1,800円

☆チケットぴあにて前売券販売中!
 → http://w.pia.jp/t/cubop/
   ※前売券をお持ちの場合も当日の受付が必要です。
     受付時に整理番号を発行し、開場後に番号順でご入場、場内は自由席です。

☆高橋慎一監督トーク&サイン会!
 連日上映後、高橋慎一監督によるトークを開催!
 当日劇場窓口にてパンフレットをご購入の方対象のサイン会も!
 ぜひご来場下さい!

※該当回をご覧の方がご参加頂けます。
※ゲストは予告なく変更になる場合がございますので予めご了承下さい。
(C) Kamita Label

 2018年7月14日より
劇場ではなかなか観られない『DEVILMAN crybaby』をはじめ、11作品が勢揃い!
2018年の夏休みはトリウッドでアニメ三昧!
<< 夏休みアニメ特集! >> 
☆世界中を騒がせた話題作が映画館に登場!
『DEVILMAN crybaby』
 
(C) Go Nagai/Devilman Crybaby Project
 ※全10話、1~5話をAプロ、6~10話をBプロとして上映
 ※高校生以上推奨

☆湯浅政明監督3作品を『DEVILMAN crybaby』と合わせて上映!
『マインド・ゲーム』
『夜明け告げるルーのうた』
『夜は短し歩けよ乙女』

☆トリウッドでも3ヶ月のロングランを果たした人気作!
『きみの声をとどけたい』


☆これが国内最終上映!メディア芸術祭大賞受賞作!
『はちみつ色のユン』


☆石田祐康監督最新作『ペンギン・ハイウェイ』公開記念!
『陽なたのアオシグレ』
『台風のノルダ』

☆2018年上半期の話題作!
『さよならの朝に約束の花をかざろう』
※日本語字幕版での上映

☆片渕須直監督の名作を8月に上映!
『この世界の片隅に』
『アリーテ姫』

2018年の夏休みはトリウッドでアニメ三昧!



2018年7月14日(土)~8月10日(金)
※火曜定休

『DEVILMAN crybaby』    7/14(土)~8/3(金)
『マインド・ゲーム』       7/14(土)~20(金)
『夜明け告げるルーのうた』 7/21(土)~8/3(金)
『夜は短し歩けよ乙女』    7/21(土)~8/3(金)
『きみの声をとどけたい』   7/14(土)~20(金)
『はちみつ色のユン』     7/28(土)~8/3(金)
『陽なたのアオシグレ』&『台風のノルダ』  8/4(土)~10(金)
『さよならの朝に約束の花をかざろう』    8/4(土)~10(金)※日本語字幕版での上映
『この世界の片隅に』     8/4(土)~10(金)
『アリーテ姫』          8/4(土)~10(金)

未定

・・・・・・・・・・
(C)

 2018年8月18日より
ヨーロッパ企画の本公演に合わせて関連作を上映!
<< ヨーロッパ企画特集! >>
『食べられる男』 『タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ』 
『食べられる男』

(2016/84分)

出演 : 本多力、時光陸、中野陽日 他

監督 : 近藤啓介
脚本 : 小村昌士、ワインちゃん
脚本協力 : 上田誠(ヨーロッパ企画)
撮影 : 千田瞭太
照明 : 夏梅北斗
録音 : 木村健太郎
音楽 : スミダケンスケ、キノシタぺぺ 
プロデューサー : 吉田和睦
製作 : YAMATON PRODUCTION、ヨーロッパ企画/オポス


      


『タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ』

(2016/56分)

声の出演 : 本多力、石田剛太、岡部尚子、土居志央梨、
         ビョルネ・ホフ、諏訪雅、村角ダイチ、永野宗典

脚本・編集・監督 : 永野宗典 
プロデューサー : 吉田和睦、岡本建志、辻野孝明
撮影 : 山口淳太
人形製作 : 角田貴志   美術・小道具 : 宇高早紀子
音楽 : 伊藤忠之       音響効果 : 寺脇千景
エンドロール : 香西志帆
企画 : yuba motion pictures
制作 : ヨーロッパ企画


      


人気劇団・ヨーロッパ企画の20周年ツアー「サマータイムマシン・ブルース」「サマータイムマシン・ワンスモア」交互上演が8/17(金)より下北沢の本多劇場で始まるのに合わせて、トリウッドでは関連作の上映が決定です!
ヨーロッパ企画の本多力さん主演、上田誠さんが脚本協力で参加している、新人監督・近藤啓介さんの劇場デビュー作『食べられる男』と、ヨーロッパ企画制作で永野宗典さんが監督の『タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ』の2作品を連日上映!期間中はイベントも開催予定です。
この機会に、下北沢でどっぷりとヨーロッパ企画の世界に浸って下さい!


2018年8月18日(土)~8月31日(金)
※通常トリウッドは火曜定休ですが、上記期間は<月曜定休>となります。ご注意下さい。

8/18(土)、19(日)、25(土)、26(日)
 16:00 『食べられる男』
 18:00 『祇園太郎』

8/21(火)、28(火)
 17:40 『祇園太郎』
 19:00 『食べられる男』

8/22(水)~24(金)、8/29(水)~31(金)
 15:30 『祇園太郎』
 17:00 『食べられる男』

『食べられる男』  一般 1,300円 / 学生・シニア 1000円
『祇園太郎』  一律 1,000円

☆2作品割!
 2作品を同日に鑑賞されると合わせて一般1,800円!学生・シニア1,500円!


★イベント開催予定!
詳細は後日お知らせします。
(C) 2016 taberareruotoko 、 (C) 2016 祗園太郎 THE MOVIE

Tollywood  since1999