下北沢トリウッド  〒155-0032  東京都世田谷区代沢5-32-5-2F  TEL 03-3414-0433(電話受付:営業時間内 ※火曜日定休) 

 



 2018年12月8日より
─ 映画館で演劇を ─
“演劇”の街・下北沢で、映画と演劇の世界をつなげてひろげる映画祭の幕が上がる!
< 下北沢演劇映画祭(仮)2018 >
<参加予定>

〇山内ケンジ(城山羊の会)
『At the terrace テラスにて』『友だちのパパが好き』『ミツコ感覚』(映画)
「水仙の花 narcissus」「自己紹介読本」「相談者たち」(演劇)

〇ロロ
「いつ高」シリーズ一挙上映「BGM」「ハンサムな大悟」(演劇)
『ダンスナンバー時をかける少女』(映画)

〇ザ・スズナリ
「スズナリ九龍城 幻燈記」上映&トーク

〇玉田真也(玉田企画)
〇山本卓卓(範宙遊泳)
〇さんぴん


      公式ツイッター    プログラム詳細

◎第1週(12/8~14)
 
山内ケンジの映画&「城山羊の会」公演映像を上映!舞台挨拶も予定!
 +ザ・スズナリの伝説的イベント「ザ・スズナリ九龍城」の記録映像とトークセッション!

1週目は、12/6(木)からザ・スズナリにて新作「埋める女」の公演がスタートする「城山羊の会」山内ケンジを特集!



山内ケンジの映画作品
『ミツコ感覚』 (2011年/106分)
出演 : 初音映莉子、石橋けい、古舘寛治、
      三浦俊輔、山本裕子、永井若葉 他
監督・脚本 : 山内ケンジ (C) 2011 GEEK PICTURES

『友だちのパパが好き』 (2015年/105分)
出演 : 吹越満、岸井ゆきの、安藤輪子、石橋けい、
     平岩紙、宮崎吐夢、金子岳憲 他
監督・脚本 : 山内ケンジ  (C) 2015 GEEK PICTURES

『At the terrace テラスにて』 (2016/95分)
出演 : 石橋けい、平岩紙、古屋隆太、岩谷健司、
      師岡広明、岡部たかし、橋本淳
監督・脚本 : 山内ケンジ  (C) 2016 GEEK PICTURES

山内ケンジの演劇作品(城山羊の会)
「水仙の花 narcissus」 (2015年/120分)
作・演出 : 山内ケンジ
出演 : 吹越満、松本まりか、安藤輪子、
      島田桃依、重岡漠、金子岳憲、岡部たかし、岩谷健司
製作 : 城山羊の会 主催:(公財)三鷹市芸術文化振興財団

「相談者たち」 (2017年/110分)
作・演出 : 山内ケンジ
出演 : 吹越満、安澤千草、橋本淳、村上穂乃佳、鄭亜美、折原アキラ
製作 : 城山羊の会 主催:(公財)三鷹市スポーツと文化財団

「自己紹介読本」 (初演:2016年、再演:2018年/100分)
作・演出 : 山内ケンジ
出演 : 初音映莉子、浅井浩介、岡部たかし、
      富田真喜、岩本えり、松澤匠、岩谷健司
製作 : 城山羊の会 主催:城山羊の会15周年記念実行委員会
Photo : 宮内勝

山内ケンジ推薦映画
『オープニング・ナイト』 (1977年/144分)
出演 : ジーナ・ローランズ、ベン・ギャザラ、ジョーン・ブロンデル、
      ポール・スチュアート、ゾラ・ランパート、
      キャサリン・カサヴェテス、レディ・ローランズ
監督・脚本・出演 : ジョン・カサヴェテス
製作・撮影 : アル・ルーバン  製作総指揮 : サム・ショウ
編集 : トム・コーンウェル  音楽 : ボー・ハーウッド
※1978年ベルリン国際映画祭主演女優賞
(C) 1977 Faces Distribution Corporation


『スズナリ九龍城 幻燈記』 (2000年/105分)
2000年にザ・スズナリで行われた世紀末イベント[闇夜幻燈逆説華祭]の全貌を記録した作品。
制作 : 西村功 撮影 : 伊藤隆也、堀之内真也  
音楽 : 高木由美子
ナレーション : 金濱夏世 
幻燈記版「少女椿」編集 : 絵津久秋、成川武千嘉
監督・編集・CG : 足立政典



◎第2週以降(12/15~)も様々な作品を上映予定!詳細は後日お知らせします!

劇場が立ち並ぶ“演劇”の聖地・下北沢。その街の唯一の映画館トリウッドで、演劇と映画の世界がつながり、広がるような映画祭がはじまります。
下北沢にゆかりと密度ある映画&演劇人があつまり、舞台演出家の作った映画作品や演劇公演、演出家がセレクトする名作映画を上映する他、下北沢で伝説となった舞台上映&トークも開催予定です。
「演劇って気になるけど、どんなものかな」「演劇みたいな映画がみたいな」
どちらの世界も楽しめる3週間。演劇と映画の世界を行き来しましょう!


2018年12月8日(土)~12月30日(日)
※火曜定休

 ※ ◇の回は上映後に山内ケンジさんの舞台挨拶を予定!
 ※ ☆の回は トークセッションを予定!

1回券 : 一般・シニア 1,500円 / 大学・専門 1,300円 / 高校以下 800円
2回券 : 一般・シニア 2,600円 / 大学・専門 2,200円

※2回券は別日の利用も可


☆『スズナリ九龍城 幻燈記』トークセッション!
12/9 17:30 上映後
 ゲスト : 久保井研さん(劇団唐組) × タニノクロウさん(庭劇団ペニノ)
 M C  : 野田治彦(ザ・スズナリ)

☆山内ケンジさん舞台挨拶!
 12/8 15:50/20:00
 12/9 20:00
  登壇 : 山内ケンジさん

※各イベントは該当回をご覧の方がご参加頂けます。
※ゲストは予告なく変更になる場合がございますので予めご了承下さい。



話題作が年の瀬に登場!
『 泣き虫しょったんの奇跡 』
(2018/127分)

出演 : 松田龍平、野田洋次郎、
      永山絢斗、染谷将太、
      妻夫木聡、松たか子、
      イッセー尾形、小林薫、國村隼

原作 : 瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)

監督・脚本 : 豊田利晃

音楽 : 照井利幸
撮影 : 笠松則通 
照明 : 水野研一
録音 : 柿澤潔  美術 : 橋本創  衣装 : 宮本まさ江

制作 : ホリプロ、エフ・プロジェクト 配給 : 東京テアトル
瀬川晶司六段による自伝的作品を、自身も新進棋士奨励会に在籍していた豊田利晃監督が『青い春』以来16年ぶりに松田龍平を単独主演に迎え描いた『泣き虫しょったんの奇跡』が年末のトリウッドに登場!
豪華なキャストをはじめ多数のプロ棋士が集結し、一人の男の「夢」への再挑戦を軸とした熱い人間ドラマが話題となった本作を、ぜひご覧下さい!

    


2018年12月23日(日)~12月30日(日)
※火曜定休

12/23(日)24(月祝) 14:00
12/26(水)~28(金) 17:00
12/29(土)30(日) 13:00

一般 1,600円 / 大学・専門 1,300円 / 高校生以下・シニア 1,100円

・・・・・・・・・・・・・
(C) 2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C) 瀬川晶司/講談社


 2019年1月4日より
賀正!再上映!
『 若おかみは小学生! 』
(2018/94分)

声の出演 : 小林星蘭、水樹奈々、松田颯水
         薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統
         山寺宏一
         遠藤璃菜、小桜エツコ、
         一龍斎春水、一龍斎貞友、てらそままさき 他

監督 : 高坂希太郎

原作 : 令丈ヒロ子  /  原作(絵) : 亜沙美

脚本 : 吉田玲子

作画監督 : 廣田俊輔  /  美術監督 : 渡邊洋一  /  音楽 : 鈴木慶一
アニメーション制作 : DLE、マッドハウス 
配給 : ギャガ

現在トリウッドでも好評上映中の『若おかみは小学生!』
2018年の映画界を語る上で外せない作品が、2019年の新春に早速再上映が決定です!
再上映の際はリピーター割も実施します!
また同時期に、同じマッドハウス制作の『きみの声をとどけたい』も上映!
新年もぜひご来場下さい!

    

☆賀正!再上映決定!

2019年1月4日(金)~ 最終日未定
※火曜定休
1/4(金)~6(日)12:30
1/7(月)~14(月祝)14:30
1/16(水)~ 未定

一般 1,600円 大学・専門・シニア 1,200円 高校生 800円 中学生以下 500円
リピーター割:半券等提示で一般1,300円(他館可)

・・・・・・・・・・・・・
(C) 令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会


お年玉アンコール上映!
『きみの声をとどけたい』
(2017/94分)

キャスト : 片平美那  田中有紀  岩淵桃音、
        神戸光歩  鈴木陽斗実  飯野美紗子
        三森すずこ  梶裕貴  鈴木達央
        野沢雅子

監督 : 伊藤尚往
脚本 : 石川学
キャラクターデザイン : 青木俊直
アニメーションキャラクターデザイン : 高野綾 
音楽 : 松田彬人
制作 : 東北新社、マッドハウス

海辺の町で暮らす16歳のなぎさ。将来の夢を見つけられず焦りを感じている彼女は、幼い頃に祖母から聞いた「言葉には魂が宿っている」という話を信じていた。
ある日、今は使われていないミニFMステーションに迷い込んだなぎさは、出来心でDJの真似事をする。偶然にも放送された彼女の言葉が、思いがけない人物に届き…。

   

  2017年夏に公開され多くのファンを生み出し、2018年正月からのトリウッドでの上映では異例のロングランとなった『きみの声をとどけたい』が、2019年新春に帰ってきます!
同時期には、本作と同じくマッドハウスが制作した『若おかみは小学生!』も上映。ぜひ合わせてご覧下さい!


2019年1月4日(金)~1月14日(月祝)
※火曜定休

1/4(金)~6(日)14:30
1/7(月)~11(金)16:30
1/12(土)~14(月祝)12:30

一般 1,600円 / 学生・シニア 1,200円 / 高校以下 800円

リピーター割 : 半券等提示で一般1,300円(他館可)

☆来場者特典!先着で「原画シート」をプレゼント!

 ※在庫限り、ランダムでお渡しします

・・・・・・・・・・・・・・・
(C) 2017「きみの声をとどけたい」製作委員会


 2019年1月4日より
2019年新春ロードショー!
『 止められるか、俺たちを 』
(2018/119分)

出演 : 門脇麦、井浦新
     山本浩司、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、毎熊克哉、
     伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作、中澤梓佐
     満島真之介、渋川清彦、音尾琢真
     高岡蒼佑 / 高良健吾
     寺島しのぶ / 奥田瑛二

監督 : 白石和彌 

脚本 : 井上淳一
音楽 : 曽我部恵一
製作 : 尾﨑宗子 
プロデューサー : 大日方教史、大友麻子
撮影 : 辻智彦  照明 : 大久保礼司 
美術 : 津留啓亮  衣裳 : 宮本まさ江 
ヘアメイク : 泉宏幸  編集 : 加藤ひとみ 
録音 : 浦田和治  音響効果 : 柴崎憲治

製作 : 若松プロダクション スコーレ ハイクロスシネマトグラフィ
配給 : スコーレ 宣伝 : 太秦
白石和彌監督が師匠・若松孝二監督の若き日を描き出し、10月の全国公開以降、各地で熱狂を生み出し続けている『止められるか、俺たちを』が、2019年新春にトリウッドにやってきます!同時期に、若松監督の作品を集めた特集上映も開催予定!
トリウッドは、若松監督が亡くなられる前、映画館でのイベントとしては最後に登壇された場所でもあります。この機会にぜひ、ご来場下さい!

    


2019年1月4日(金)~

※火曜定休
※タイムテーブル 未定

未定

・・・・・・・・・・・・・
(C) 2018若松プロダクション


人気バンド「PAN」の楽曲がモチーフの話題作!
『 想像だけで素晴らしいんだ -GO TO THE FUTURE- 』
(2019/93分)

  湖畔の映画祭2018 特別上映
 第13回札幌国際短編映画祭2018 特別上映
 第28回TAMA CINEMA FORUM 特別上映
 第22回うえだ城下町映画祭 大賞

出演 : 山本圭壱、上中丈弥、あやまん監督 他

友情出演(バンド名) :
 PAN、
 忘れらんねえよ、a flood of circle、FOMARE、
 バックドロップシンデレラ、四星球、花団、SIX LOUNGE、
 Northern19、OVER ARM THROW、オメでたい頭でなにより、SCOOBIE DO

監督・脚本・編集 : アベラヒデノブ

エグゼクティブプロデューサー : 山田久人  プロデューサー : 鈴木隆央、中嶋将人
撮影 : 栗田東治郎  録音 : 國分玲  主題歌 : PAN   配給 : MOONSHINE Inc.

年に一度、七夕にしか会えない織姫と彦星が、ズルをしてでも愛し合う日…『裏七夕』。高校生だった純一と正と泉は、想像を超えるような未来のために、短冊に願いを描いた。
しかし2018年現在…40歳を目前にした3人は、想い描いた未来とはかけ離れた現実の渦中にいた。
もう一度…あの夜に戻りたい。ズルをしてでも手に入れたい未来のために、3人は最後の願いを込めて『裏七夕』の扉をノックする。


最高に楽しかった。
最高に悲しかった。
最高に哀愁漂う、
青春映画だ!
園子温(映画監督)

~想像だけで素晴らしい~ ~夢見ることは美しい~。
それは若さの特権だが、想像するだけでは、夢を見るだけでは、決して何も始まりはしない。
だけどあの日に置き去りにした、大切な何かを取り戻せれば、歳を重ねた僕たちでも、また前向きに歩いていける…。
ああ確かに、想像だけで素晴らしいんだ、な。
松崎まこと(映画活動家/放送作家)

人気バンド「PAN」の楽曲「想像だけで素晴らしいんだ」をモチーフに、極楽とんぼ・山本圭壱やあやまんジャパン・あやまん監督、THEイナズマ戦隊のボーカル・上中丈弥らが出演、多くの人気バンドやミュージシャンも友情出演する話題作『想像だけで素晴らしいんだ-GO TO THE FUTURE-』の上映が決定!
上映期間中にはPANのメンバーや出演者が参加する舞台挨拶も開催予定!
第22回うえだ城下町映画祭で大賞を受賞するなど公開前から評価を集める本作を、ロケ地ともなった“音楽の街”下北沢で、ぜひご覧下さい!

    


2019年2月23日(土)~
 ※火曜定休
 ※最終日、時間未定

一般 1,700円 / 大学・専門 1,400円 / シニア 1,200円 / 高校生・中学生以下 1,000円

・・・・・・・・・・・・・
(C) 想像だけで素晴らしいんだ-GO TO THE FUTURE-

Tollywood  since1999