下北沢トリウッド  〒155-0032  東京都世田谷区代沢5-32-5-2F  TEL 03-3414-0433(電話受付:営業時間内 ※火曜日定休) 

 



 2018年9月1日より
<ヨーロッパ企画と下北沢映画祭のトリウッド大作戦2018 前哨戦>
映画版 『 サマータイムマシン・ブルース 』
(2005/107分)

出演 : 瑛太 上野樹里
      与座嘉秋 川岡大次郎 ムロツヨシ 永野宗典
      本多力 真木よう子 升毅 佐々木蔵之介

監督 : 本広克行  

脚本・原作 : 上田誠

撮影 : 川越一成   美術 : 相馬直樹
照明 : 加藤弘行  編集 : 田口拓也

本広克行監督が自ら初プロデュースも手がけ、ヨーロッパ企画の「サマータイムマシン・ブルース2003」を映画化。出演は映画初主演となる瑛太、上野樹里など。

とある大学のSF研究会の部室には、前日にクーラーのリモコンが壊れ、猛暑に悩む部員たちがいた。ところが彼らは部屋の隅にタイムマシンがあることを発見、「昨日に戻ってリモコンを取ってこよう」ということになり、乗り込んでみるが……。

昨年GWと秋に開催し大好評だった、ヨーロッパ企画/下北沢映画祭/トリウッドによるコラボ企画、<ヨーロッパ企画と下北沢映画祭のトリウッド大作戦>が今年も開催決定!
11月の本番に先駆け“前哨戦”と題し、ヨーロッパ企画の20周年ツアー「サマータイムマシン・ブルース」「サマータイムマシン・ワンスモア」の交互上演が下北沢・本多劇場で行われている時期に合わせて、映画版『サマータイムマシン・ブルース』の限定上映がトリウッドにて決定しました!
本公演のチケットでの割引も実施しますので、ぜひはしごしてお越し下さい!


2018年9月1日(土)~9月9日(日)
※火曜定休

9/1(土)8(土) 15:30
9/2(日)9(日) 16:00
9/3(月)5(水)7(金) 16:30
9/6(木) 17:00

一般 1,300円 / 学生・シニア 1,100円

☆本公演割!
「サマータイムマシン・ブルース」「サマータイムマシン・ワンスモア」本公演のチケット提示で1,000円!

・・・・・・・・・・・・・
(C) 2005 ROBOT,博報堂DYミュージック&ピクチャーズ,博報堂DYメディアパートナーズ,IMAGICA


 2018年9月1日より

“熱い”人気作が登場!
『 ガチ星 』
(2017/106分)

出演 : 安部賢一、福山翔大、林田麻里、
      船崎良、森崎健吾、伊藤公一、
      吉澤尚吾、西原誠吾、
      博多華丸、モロ師岡

監督 : 江ロカン

脚本 : 金沢知樹
プロデューサー : 森川幸治、瀬戸島正治 
撮影 : 許斐孝洋 
照明 : 梶原公隆  録音 : 増冨和音

戦力外通告を受け、自堕落な生活を送っている元プロ野球選手の濱島浩司。友人を裏切り、妻や子どもにも捨てられて自暴自棄になっていた濱島は、ひょんなことから競輪選手への道をすすめられる。40歳の濱島はもう一度自分の才能を試すために競輪学校に入学するが、そこで待っていたのは、教官のしごきと、若い生徒たちによるいじめという過酷な現実だった。
競輪発祥の地である福岡県小倉を舞台に、競輪選手として再起をかける元プロ野球選手の姿を描く。
人生を背負った男たちが“ガチ”でぶつかり合い、根性なしの主人公が不器用にもがく姿に多くの観客が心を熱くする人気作、『ガチ星』がトリウッドに登場!
期間中はイベントも実施予定。ぜひご来場下さい!

    

2018年9月1日(土)~9月14日(金)
土日 18:00 / 平日 14:30
※火曜定休

一般 1,500円 / 学生・シニア 1,200円 / 高校生以下 800円

・・・・・・・・・・・・・
(C) 2017空気 /PYLON


 2018年9月15日より

参加する映画祭の多くで受賞を果たし、リピーター続出の話題作が凱旋!!
『 モダン・ラブ 』
(2018/115分)

出演 : 稲村梓、高橋卓郎、芳野正朝、
      今村怜央、佐藤睦、ヤン・イメリック、
      川瀬陽太、町山博彦、大木雄高、
      園部貴一、草野康太

脚本・監督 : 福島拓哉

プロデューサー : 本井貞成、岩本光弘、福島拓哉
音楽 : トルコ石、河原弘幸(floating mosque)
宣伝・配給 : P-kraft
宣伝協力 : Tokyo New Cinema  製作 : P-kraft、ラフター


東京。太陽系内に生命体の存在する新惑星・エマノンを発見したという報道に湧く一方、異常気象が頻発していた。大学院生のミカ(稲村梓)は、5年前に失踪してしまった恋人・テル(高橋卓郎)のことを忘れられず、出会い系アプリで男を漁りその孤独を埋めつつ、妄想でテルと会話する毎日を過ごしている。
ある日、ミカは発作的に既視感を覚えるようになり、「もう一人の自分」たちと出会ってしまう。それぞれのミカにはそれぞれに違った状況が存在していた。理解に苦しみ混乱するミカだったが、やがて人生を変える選択を迫られる…。
初公開となった6月の上映ではリピーターが続出するなど大盛況となり、参加する映画祭の多くで受賞するなど評価も高い、福島拓哉監督の最新長編『モダン・ラブ』がトリウッドに凱旋です!
2016年に『ESCAPE FROM THIS FUCKIN WORLD 福島拓哉特集』を開催したトリウッドで、映画祭での受賞を記念してのまさに“凱旋”上映!
世界中を虜にする“サイコ・ファンタジー”を、ぜひご覧下さい!

    

2018年9月15日(土)~
タイムテーブル未定
※火曜定休

未定

・・・・・・・・・・・・・
(C) P-kraft、ラフター

Tollywood  since1999