下北沢トリウッド  〒155-0032  東京都世田谷区代沢5-32-5-2F  TEL 03-3414-0433(電話受付:営業時間内 ※火曜日定休)

   

イベント詳細は各作品欄にてご確認ください。
5/18
12:00 14:30 16:00 18:30
『万引き家族』 『柄本家のゴドー』 『下北沢で生きる』 『柄本家のゴドー』
5/19
12:00 14:30 16:00 18:30
『万引き家族』 『柄本家のゴドー』 『下北沢で生きる』 『柄本家のゴドー』
5/20
15:30 18:00 19:30
『万引き家族』 『柄本家のゴドー』 『下北沢で生きる』
※火曜日定休

 
 

『下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 to 2017 改訂版』
『柄本家のゴドー』
『万引き家族』
下北沢トリウッド 開館20周年記念イベント第4弾!
『下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 to 2017 改訂版』
(2017/85分)

ナレーション : 柄本佑

写真 : 荒木経惟(ライカで下北沢)、yamasin(g)

撮影 : 小原真史、斎藤真由美、今泉秀夫、木村和穂、石崎俊一 
音楽 : 六弦詩人義家 
録音 : 岩渕聡 
整音 : 青木秀由基(ノーマライズ) 
宣伝美術 : 真舘嘉浩(WATERS/ORGASMO)

制作総指揮 : 大木雄高 
企画製作 : シモキタヴォイス実行委員会
監督・撮影・編集 : 山田正美

SHIMOKITA VOICE共同企画
“シモキタ”の変遷を証言するドキュメントを2年ぶりに上映!
下北沢の再開発関連の説明会や見直しを求めるデモ、商店主・住民へのインタビューの他、2007年から2016年までの「SHIMOKITA VOICE」ハイライト集や荒木経惟の「ライカで下北沢」撮影風景、そして姿を変えた驛前食品市場の様子など、再開発に渦巻く下北沢の姿を捉えたドキュメンタリー。
2016年、再開発の訴訟が歴史的和解を迎えるにあたり、本作でナレーションを担当した柄本佑のインタビューや「SHIMOKITA VOICE」前実行委員長の大木雄高と新実行委員長の河野義家が下北沢の街を探訪するシーンも新たに織り交ぜ、下北沢の過去・現在・未来に想いを巡らせる。
2020年の東京オリンピックを前に激変する文化の街・下北沢。道路計画・再開発計画の問題を様々なアプローチで訴えかけるイベント「SHIMOKITA VOICE」と街の変遷を15年にわたり捉えたドキュメンタリー『下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 to 2017』を、トリウッド開館20周年記念イベントの第4弾として2年ぶりに上映します。
1999年にオープンし、いつの間にか下北沢でも“ベテラン”の域に入りつつあるトリウッドで、様々な問題が<遠いどこかの話>ではなく、<自分の周りにも起こり得ること>として改めて感じられるこの作品を、ぜひご覧下さい!

    

2019年5月11日(土)~5月24日(金)
※火曜定休

土日 16:00 / 平日 19:30

一般  1,400円 / 学生・シニア  1,100円 / 障害者 1,000円

☆世田谷割! (世田谷区民、もしくは世田谷区に勤務されてる方)1,000円
☆ペア割!  (二人連れの方)お二人で2,200円

☆トークイベント開催決定!
(各回上映後)

5/11(土) 16:00
 ゲスト :  服部圭郎さん(龍谷大学政策学部教授)

5/18(土) 16:00
 ゲスト :  永井誠治さん(DEPT創始者・アーティスト)
         江上徹さん(ロックシンガーソングライター)

両日司会 : 河野義家さん(SHIMOKITA VOICE実行委員長)

※該当回をご覧の方がご参加頂けます。
※ゲストは予告なく変更になる場合がございますので予めご了承下さい。
(C)


不条理劇の傑作に挑む柄本家の親子3人を追ったドキュメンタリー!
一家の地元でもある“演劇の街”下北沢で上映!
柄本家のゴドー 』

何もやらないという時間をみつけたということじゃないかな。待つという時間…待っている人…

柄本明

一生続けていける作品に出合ったなという手応えみたいなものを、ふたりとも感じた…
柄本佑

自分の中で最高峰、やるんならゴドー、やるんならゴドーでしょ、というのがでかかった
柄本時生
(2017/64分)

出演 : 柄本明、柄本佑、柄本時生、劇団東京乾電池のみなさん

撮影・演出 : 山崎裕 

構成・編集 : 五十嵐久美子 
撮影助手 : 小寺安貴
カラコレ : 織山臨太郎 
選曲 : 増子彰 
プロデューサー : 橋本佳子、山崎裕
制作 : 104 co ltd 
配給 : ドキュメンタリージャパン

人気俳優として映画、テレビで活躍する一方で、演劇ユニット“ET×2”を組む柄本佑・時生兄弟。2014年、ふたりはサミュエル・ベケットによる不条理劇「ゴドーを待ちながら」の公演に挑んだ。2017年、父親の名優・柄本明を演出に迎えて、再びゴドーに挑戦する。その稽古場にドキュメンタリーカメラの名手・山崎裕が立ち会った。
演出家と俳優の関係を超え、父から子への芸の伝承の厳しさと暖かさに溢れる時間の記録である。

柄本明さんが息子たちの目の前で自らやってみせる芝居を見ながら、異才の人 の元に生まれることもまた残酷だなあ、 と思った。それでも息子たちは屈託もなく楽しげで、父もまた、愛おしそうに彼らを眺めている。
西川美和(映画監督)

柄本さんの禅問答のような、宇宙のような、森羅万象のような…。 言葉や存在の有り様に戦き、その引力に否応無く惹かれます。
李相日(映画監督)

俳優柄本明が、ふたりの息子の演じる芝居の稽古をつけながら、クック、クックと肩をゆらして笑っている。実に楽しそうに。そして、急に顔に両手の握りこぶしをあてて、真顔で睨む。やっぱり柄本明は、なかなか変で素敵に面白い。こんなオヤジの息子は大変だ。二人掛かりで立ち向かおうと、必死だね。
串田和美(俳優・演出家)

『ゴドーを待ちながら』は、その時代の潜在的不安や希求が表れてくる作品だが、『柄本家のゴドー』は、まさに平成のぼんやりとした不安が醸し出されている。
石橋蓮司(俳優)
柄本佑・時生兄弟が、演出に父・柄本明を迎えて「ゴドーを待ちながら」に挑んだその稽古場に、名カメラマン・山崎裕が立ち会ったドキュメンタリー『柄本家のゴドー』がトリウッドにて上映決定です!
同時期に上映するドキュメンタリー『下北沢で生きる SHIMOKITA 2003 to 2017 改訂版』では柄本佑がナレーションを務めるなど、一家の地元で縁が深く、“演劇の街”としても知られる下北沢。この地で唯一となった映画館で、ぜひご覧下さい!

      

2019年5月11日(土)~ 最終日未定
※火曜定休

5/11(土)~17(金)  土日14:30 / 平日18:00
5/18(土)~24(金)  土日14:30/18:30 /  平日18:00
5/25(土)~31(金)  土日14:00 / 平日15:00
6/1(土)、2(日)  18:50

一般 1,500円 / 学生・シニア 1,100円

☆トークイベント!
5/19(日) 18:30の回 上映後
  ゲスト : 三宅唱監督、山崎裕さん(本作撮影・演出)

※該当回をご覧の方がご参加頂けます。
※ゲストは予告なく変更になる場合がございますので予めご了承下さい。
(C)


『下北沢で生きる』『柄本家のゴドー』関連上映!
下北沢に縁のある俳優陣の演技に魅せられる!
『 万引き家族 』
(2018/120分)
※日本語字幕付きで上映

出演 : リリー・フランキー、
      安藤サクラ、
      松岡茉優、
      池松壮亮、
      城桧吏、佐々木みゆ、
      高良健吾、池脇千鶴
      樹木希林

原案・監督・脚本・編集 : 是枝裕和 
音楽 : 細野晴臣
撮影 : 近藤龍人 
照明 : 藤井勇 
録音 : 冨田和彦 
美術 : 三ツ松けいこ
カンヌ国際映画祭をはじめ世界中の映画祭で多数受賞し、ロードショー後には大ヒットを記録するなど、言わずと知れた2018年を代表する映画である『万引き家族』。
キネマ旬報ベストテンで、柄本佑さんと夫婦同時に主演賞受賞を果たした安藤サクラさんや、柄本明さんも出演する本作を、『下北沢で生きる』『柄本家のゴドー』と同時期に上映します!
期間中は、同時期上映の2作品の半券提示で割引も実施!ぜひこの機会に、下北沢に縁のある俳優陣の演技を、下北沢の映画館でたっぷり味わって下さい!

    

2019年5月11日(土)~5月24日(金)
※火曜定休

土日 12:00 / 平日 15:30

一般 1,300円 学生・シニア 1,100円

☆半券割!
同時期上映の『下北沢で生きる』『柄本家のゴドー』のトリウッドの半券提示で
一般 1,000円 / 学生・シニア 900円
(別日の利用も可)

・・・・・・・・・・・・
(C) 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.



Tollywood  since1999